<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
明日から名古屋
ブログ全然書けてません
バタバタと雑事に忙殺されています

明日から名古屋へ
ネタ収集の旅に出掛けます

名古屋では
エイトボールタトゥスタジオ
にいます

恥かしがり屋さんなので
遊びに来ても
話しかけないでください

名古屋の皆さんよろしくね


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2008-10-16 20:11 | 駄文
彫房の移転
ウェブサイトを更新しました

札幌の彫房の移転のご案内です

新しい彫房は
札幌市中央区北4条西13丁目
となります

移転に伴い電話番号も
011-802-9319
に変わりました

どうぞよろしくお願いいたします


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2008-10-04 01:35 | ウェブサイト更新
国貞・国芳・広重とその時代-幕末歌川派の栄華-
c0162826_2395919.jpg

何年ぶりかで行ってきました
太田記念美術館
いつだったか改装ということで
何ヶ月か休館していたと
記憶しているのですが
内装が綺麗になったような・・
ってだけなんですかね

c0162826_2404286.jpg「国貞・国芳・広重とその時代
 -幕末歌川派の栄華-」

ここのところ
規模の大きな展覧会に
行く機会が多かったせいか
あまりの規模の小ささに
一瞬戸惑ってしまい
あれれれ?という感じでしたが
気を取り直して見渡してみると
とても意義のある企画でした





構成が時間軸に沿っていて
始祖豊春から始まり
第二世代である豊国、豊広へ

そして
今回クローズアップされている
第三世代の
国貞、国芳、広重へと続き

第四世代国周、芳年、暁斎らへと
引き継がれていく

そしてそれが近代、現代へと
常に発展的に継承される
遺伝子の進化を
目の前に提示され

そういった流れの中に
生きている自分というものを
改めて意識できる機会を得

とても小さな僕自身の人生を
どう考えるべきか

なにかの道しるべを
与えられたような
そんなうれしい展覧会でした


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2008-10-03 02:44 | 展覧会
行ってきました「八犬伝の世界」展
c0162826_20212110.jpg千葉市美術館
現在開催されている
「八犬伝の世界」展に
行ってきました

こちらの会場は
下層階が千葉市の
中央区役所となっていて
上層階が美術館となっています
そしてこの建物の中には
昭和2年建築の建築物が
呑み込まれるようにして
保存されています


写真からその様子が
伝わりますでしょうか?

c0162826_20213685.jpg本題の「八犬伝の世界」展
開催期間のちょうど
真ん中あたりの
平日だったせいか
観覧者はまばらで
ゆっくりと
鑑賞することができました

その内容は9割以上が錦絵でした
「現代に続く八犬伝の世界」
というのが誇張されていたように
感じていたので
(僕だけかもしれませんが)
少し肩透かしを喰らった印象です

c0162826_20214779.jpg以前の紹介でこの辺りを
強調してしまったので
僕の表現に
騙されてしまった方には
謝ります
ごめんなさい

ただ辻村ジュサブロー氏の
八犬士の人形と
碧也ぴんく氏の関連資料は
価値あるものですので
両氏の熱烈なファンの方には
謝る必要はないかな


c0162826_20215838.jpg展示のほとんどを占める
読本と錦絵ですが
まず読本のほうは
あれだけの量を
ズドーーーンと積み上げられると
馬琴の創作に対する
情熱や人生の賭けっぷりが
嫌でも圧倒的に迫ってきて
頭を床に擦り付けてしまいます

そしてその遺伝子を引き継いだ
創作者達と彼らの創作物の量が
すべてを証明していました


僕の取り組んでいる
刺青の世界だと
なんとなく
水滸伝の二番手のように
扱われなくもないのですが
いやいやどうして
勝るとも劣らない
もしかすると勝っているかも
いう気さえしてきました

「八犬伝」=八人の犬士の物語
という先入観を取り払い
今一度じっくりと読み返し
勉強し直してみようと思います

皆さんも「八犬伝」を入り口に
日本の古典文学を
楽しんでみてください

河出文庫版現代語訳 南総里見八犬伝 上をアマゾンでチェック
河出文庫版現代語訳 南総里見八犬伝 下をアマゾンでチェック

時代や社会などの背景が
現在と違うので
最初は理解しにくい
かもしれませんが
そういったものを取り除いて
一個の人間として感じてみると
新しい世界が見えてきますよ


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2008-10-01 20:27 | 展覧会



おもに本棚たまにはべつな

刺青|賽天
www.psyten.com

東京刺青彫房
東京都文京区向丘
tel. 03-5815-8818
■地下鉄千代田線
 根津駅より徒歩10分
■地下鉄南北線
 東大前駅より徒歩5分
■地下鉄三田線
 白山駅より徒歩10分
■上野駅、西日暮里駅
 日暮里駅、御徒町駅
 駒込駅よりタクシー10分

札幌刺青彫房
北海道札幌市中央区
tel. 011-802-9319
■JR札幌駅より徒歩15分
■地下鉄東西線
 西11丁目駅徒歩10分 ■JR学園都市線
 桑園駅より徒歩12分

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
本棚
展覧会
刺青の題材
刺青の周辺にあるもの
駄文
ウェブサイト更新
まとめ
社寺巡礼
ハンバーガー
蕎麦
お弁当
しほり
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ
お気に入りブログ
俺の道 ーKAMINAR...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Top