タグ:和彫り ( 524 ) タグの人気記事
ブログ移転のお知らせ
新しいブログはこちらです^^


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2012-02-13 18:00 | 駄文
(遅ればせながらの)ご挨拶
年が明けたと思ったら

あらあら、もう松の内も折り返し
(最近だともう終わった扱いかな?)

こんな時期まで呑んだくれてた訳じゃござんせんよ

新年も2日から既に宇宙から旭日さんにて
恥のカキ初めも済ませちゃったし
(これはなにやら八回も繰り返されるんだとか
今年も年初から恥の末広がりだね^^)
4日からお仕事も始まってます

あとはお参りくらいだな
(そっちを先にやれって?)



ともあれ皆さん、
今年もどうぞよろしくお願い申し上げまする~

賽天 拝


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2012-01-08 02:18 | 駄文
大晦日 - 平成廿三年
c0162826_1052942.jpg
僕に今年一年間に関わってくれた皆さん
ありがとうございました

今年は僕にとっては思いがけないたくさんの出会いや
(いい歳こいて)新しい経験をする機会が多くあり
色々なことを考えることのできた一年でした

来年は一つ一つを形にしていきたいと考えてます

来年も皆さんの力をお借りすることが
たくさん(笑)あると思います

どうぞよろしくお願いします^^

では、良い新年をお迎えください

賽天 拝


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-31 10:54 | 駄文
TATTOO DESIGN BOOK(タトゥーデザインブック)#07 - 龍・ドラゴン・聖獣 編
c0162826_2192353.jpg
前の記事のタトゥートライバルで思い出した

そういえば先月刊行されたタトゥーデザインブックの
第7巻「龍・ドラゴン・聖獣 編」の唐獅子描きました

上のはそのラフね

c0162826_21101262.jpg
このシリーズも「世界の神々編」「龍・ドラゴン編」
「陸・海・空動物編」「植物編」「トライバル編」
「武将・英雄・豪傑編」と続き
本書「龍・ドラゴン・聖獣編」で第7弾

タイトルがどっかかぶって来て
「ネタ切れか?」的な感も漂いますが
彫り物、刺青、タトゥーの写真やイラストに
題材の情報なども掲載され
観ても読んでも楽しめる一冊です

刺青関連書籍のシリーズ物というと
途中で頓挫する企画が多い中で
7冊、5年間も続くのはやはり
しっかりした内容の賜物でしょ♪

聖獣では鳳凰や麒麟など東洋のものだけでなく
ペガサスやケンタウロスなど西洋の聖獣も
取り上げられています




刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-28 21:12 | 本棚
TATTOO TRIBAL(タトゥートライバル) vol.49 - 富士見ムック
c0162826_17485422.jpg
本日発売のタトゥートライバルvol.49に
先月の18日にアダチ版画研究所さんで開催された
イベント(その時の記事はこちら)の模様が
掲載されてます

c0162826_17491560.jpg
続いて、[日本の「匠」]というコーナーでは
アダチ版画研究所さんの版画彫師である
新實の親方のインタビューも掲載され
いよいよ完成間近となった歌川国芳
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」水門破りの
「浪裡白跳張順」の製作の模様も
写真つきで垣間見る事が出来ます

現代に新たな息吹きを吹き込まれる
錦絵の裏側が伝わりとっても興味深い内容

そしてこのここで会ったが二百年目(笑)の
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」の
「浪裡白跳張順」見逃せない情報が87ページに!


52ページには個人的に嬉しい事なんかも
掲載されてるんで(やったね!おめでと^^)
是非是非みなさんもチェックしてくださいな~~~

アダチ版画研究所
東京都新宿区下落合 3-13-17
電話 03-3951-2681


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-21 17:51 | 本棚
水門破り完成間近! - 「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 浪裡白跳張順」
c0162826_19524489.jpg
アダチ版画研究所さんで製作中の
歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」
「浪裡白跳張順」がいよいよ完成間近だそうです

c0162826_1953884.jpg
先週末からは岩切先生監修の
「没後150年 歌川国芳展」も開催されましたし
国芳没後150年記念イベントも佳境を迎えてますね♪

ちなみに先月18日にアダチ版画研究所さんで
出演させていただいたトークイベントの模様が
アダチ版画研究所さんのオフシャルブログで
レポートされてます^^

その時の僕のブログ記事は→こちら

新實親方の彫りの実演の模様や会場の雰囲気も伝わり
僕のトンマなお喋り姿もチラリと覗けます

そんなアダチ版画研究所さんオフシャルブログ記事は
こちらでございます

アダチ版画研究所
東京都新宿区下落合 3-13-17
電話 03-3951-2681

没後150年 歌川国芳展
前期:平成23年12月17日(土) - 平成24年1月17日(火)
後期:平成24年1月19日(木) - 平成24年2月12日(日)
森アーツセンターギャラリー
東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー52F

森アーツセンターギャラリーの国芳展、僕はまだ行けてないんです(涙

早く行きたいな~~~


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-19 19:56 | 展覧会
日経&エクラ プレミアムサロン・イベント「江戸の奇才 歌川国芳」辻惟雄先生特別講演
c0162826_19143953.jpg
さて、いよいよ今週の土曜日から
待ちに待った岩切友里子先生監修の
没後150年 歌川国芳展」が
六本木の森アーツセンターギャラリーで始まりますね

こちらの開催期間は12月17日(土)から
来年1月17日(火)までが前期日程

そして大幅な展示替えを行い
1月19日(木)から2月12日(日)までが
後期日程の二部制となっています

前後期で合計400点以上の展示が行われる
空前の規模の展覧会なので彫り物に興味のある方は
絶対に観に行ってくださ~~~い^^

大部分の展示が入れ替えられますから
2度の来場は必須ですね

この展覧会が楽しみで仕方ない中
関連イベントとして本展に先立ち
先週の火曜日に行われた
辻惟雄先生の講演会に行って来ました

会場は展覧会の主催者である日本経済新聞社の
大手町にある本社ビルの2階にあるSPACE NIO

日経新聞社から発行されている「éclat(エクラ)」という雑誌の
éclat(エクラ)プレミアムサロン会員に向けて
日経新聞とで運営してる特別イベントとの事

↑う~ん、ちょっと難解で僕も良くわかってません↑

参加は有料で事前にチケットを購入する必要があったんですが
プレミアムサロン会員向け?などということで
不安な気持ちで煩雑な手続きをなんとかクリアし
チケットを入手

しかし明らかに女性向けのコンテンツで
しかも謎の会に2つも入会させられる羽目に(汗

でもそこはこの分野では大御所の
辻惟雄先生の講演を拝聴できるんですからね^^


辻惟雄先生の講演は昨年千葉市美術館で開催された
「伊藤若冲アナザーワールド」でのイベント以来です

なんとか仕事を片付け、残念な天気の中大急ぎで向かい
ぎりぎりセーフで会場に到着

さてさて、楽しみにしていた1時間半の講演は





・・・・・・・・グダグダの残念賞(涙

もちろん辻先生のお声を聴ける貴重な機会ですから
その点はとっても嬉しく、とっても楽しかったんですが

講演の段取りは酷いもんで
機材のトラブルから講演は一時中断
終了時間はキッチリ守りたかったようで
後半は相当の駆け足で
完全にやっつけの流し打ち

それでも日経さんやエクラ編集部さんは
それぞれの宣伝には力を入れていて
なんの脈絡もない試供品を手渡され講演はお開きに(涙

会費の2千円という金額は、御話をいただいた
辻先生の喉を潤すお茶代と思えば安いもんですが

日経さんやエクラさんの宣伝の為に
雨の中集められての代金と思うと・・・・・・・・

開催者のあまりに「やっつけ」な雰囲気に
後味の悪い気持ちで会場を後にしましたとさ

なんて、残念なお話はこの辺にして
今週末から開催の国芳展を楽しみましょう!

イェース!!

没後150年 歌川国芳展

前期:平成23年12月17日(土) - 平成24年1月17日(火)
後期:平成24年1月19日(木) - 平成24年2月12日(日)

森アーツセンターギャラリー
東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー52F


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-13 19:21 | 展覧会
対決!!焼さば
c0162826_15562396.jpg
いやぁ、もうすっかり秋だな~

c0162826_15572443.jpg
なんて思う間もなく

c0162826_15584461.jpg
あっという間に冬ですねー

皆さん風邪などひいてませんか?

c0162826_1605992.jpg
3日に一度は飛行機に乗って
七つの海を往来している男としては
ツライ季節になりました

飛ぶの?飛ばないの?

空港まで辿り着けるの?

電車が止まってごった返す駅で
慌ててタクシーを拾って
吹雪の道路をかっ飛ばしてもらったり

送ってもらう車中で道路状況の悪さから
途中で駅を捜して電車に飛び乗ったり

なんてバタバタが突如発生する季節の到来

そんな中のちょっとした楽しみは?

そう、お弁当♪

飛行機が遅れて
待たされる事も頻繁だしね

季節って事で
最近はすっかり鯖(←そりゃ秋だろ!

先ず登場するのは

c0162826_166239.jpg
「新千歳空港名物」と銘打った
「北の焼さば 押寿司」

その名の通り千歳空港での購入

c0162826_1664958.jpg
多少小骨が引っ掛かったりと
ワイルドな調理なのは
北の大地ならでは?

素材は一流・・・・・・・・
なんて言われますが
手堅く美味しい(←僕の舌基準ですがw

そして主役以上に生ビールが最高!

両者のハーモニーは
とっても楽しめましたさ

そして相対するは

「みち子がお届けする」???

c0162826_1611949.jpg
「若狭の浜焼き 鯖寿司」

みち子さんって誰?とか思いながらも
「若狭の」ってのに引っ掛かって購入

「若狭の焼鯖」と言えば「ちりとてちん」
(↑なんて思うのは僕だけか?

なんと

c0162826_16115129.jpg
これが、旨い!!!
(ラップを取った写真は何故かナシ)

ホントに美味しかったのよ!

これはオススメ

空港で見かけたら騙されてみてよ(笑

で、ググってみたらサイト発見↓

みち子がお届けする海の恵み

みち子さんの美しいお姿も拝見できます♪

他にもイロンナ押寿司がラインナップされてますね

中でも注目は「へしこのお寿司」っての
これはビールじゃなくってワンカップだな^^

サイトを見ると羽田、成田、大阪、関西
セントレアの各空港で取扱店があるようなんで
旅のお供に試してみてね

ん?下戸のおこちゃまにはまだ早いぜ(←誰?

あ~~~、酒飲みて(笑


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-12-08 17:12 | お弁当
歌川国芳門下展(芳年、芳幾、芳艶、他)前期 - 礫川浮世絵美術館
c0162826_21272944.jpg
会期終了間際に滑り込みセーフ!で
小石川の礫川浮世絵美術館へ

前期展示は11月25日までで終了

前期の展示作品は芳虎、芳政、芳艶、芳員、芳年、芳秀
芳春、芳幾、暁斎らの作品が40点余り

8月に原宿の太田記念美術館で観た
芳艶が光ってましたね→その時の記事

そして一番見入ってしまったのは
芳年の豪傑水滸伝の校合摺と
平維茂の版下画稿
版下画稿はもちろんだけど
水滸伝の方も完成品は
見つかっていないようです

でも通常錦絵の版下絵は
版木と一緒に彫られて
なくなってしまうので
こうして観られるものは
とても貴重

ご祝儀の施されたその画稿は
芳年の息遣いまで
聞こえて来るようでした

そして明日12月1日からは
後期の展示が始まります

12月は17日から六本木の
森アーツセンターギャラリーで
岩切友里子先生監修の没後150年展も始まるし
月末(年末?)にはアダチ版画研究所さんの
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」の
「浪裡白跳張順」「水門破り」も
いよいよ完成だしたくさん楽しみだね

アダチ版画研究所さんの
「粋な江戸っ子浮世絵師・歌川国芳展」は
12月7日までだからあと一週間

入場は無料だし気に入った作品は
購入も可能なので是非行ってみてね

礫川浮世絵美術館
東京都文京区小石川1-2-3 小石川春日ビル5F
電話 03-3812-7312


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-11-30 21:31 | 展覧会
「企画展 スカイツリーを予言した!? 粋な江戸っ子浮世絵師・歌川国芳展」トークイベント
c0162826_20273768.jpg
東京は目白にあるアダチ版画研究所さん

生憎のお天気でしたが先週土曜日に開催された
「企画展 スカイツリーを予言した!? 粋な江戸っ子浮世絵師・歌川国芳展」
のトークイベントに行ってきました^^

足元の悪い中お集まりいただいた大勢の皆さん
そして関係者の皆々様方
この場を借りて改めてありがとうございました

c0162826_20275997.jpg
当日のプログラムは午後1時から版画の彫りの実演と解説があり
2時から版画の彫りの親方である新實氏と学芸員の松崎氏と僕とのトークタイム

人様の前で講釈を垂れなくてはならないとあって
多少憂鬱な気持ちで挑んだんですが
版画の彫りの実演が始まると一観客になっちゃって
自分の順番が周ってくる事などすっかり忘却し
夢中になっちゃいました^^

c0162826_20282220.jpg
当日は国芳の「其まま地口猫飼好五十三疋」から
「三毛ま」の主版の彫りを

こちらは版下を貼り付けた版木に小刀を入れる「彫り」の工程

c0162826_20291266.jpg
そして線の両側に彫りが入ると
不要な部分を「さらい」ます

さて、2枚目の写真にチラッと写っている黒い物体

何を隠そう

c0162826_20293646.jpg
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」の
「浪裡白跳張順」「水門破り」の
主版の彫りあがった版木です

c0162826_203039.jpg
これを摺った校合摺から色ざしが行われ
色版が彫られます

c0162826_20335815.jpg
こちらは校合摺を版木に貼って
張順の彫り物(刺青)の版を彫っている最中の版木です

左右が反転しているのは説明しなくてもわかるよね

c0162826_2034227.jpg
これは主版の張順の顔部分
毛の彫りの緻密さが伝わるかな?

c0162826_20344935.jpg
こっちの方が写真が上手く撮れてて
版木の雰囲気が伝わるね

復刻版画と言うのは専門の職人さんが
当時とまったく同じ工程を
こうして一からたどっていくので
当時とまったく同じ感動が蘇るんです

この作品はこれから順次色版が彫られ
摺り上がるのはあとひと月後

年内には完成との事で
いまから待ち遠しいですね~

当時とまったく同じ工程で
2百年ちかく振りに再現された
「通俗水滸伝の張順水門破り」を
実際に手に出来るなんて(涙

しかも今回は美人画や役者画、花鳥画や風景画などよりも
相当に手のかかる国芳の武者画にもかかわらず
思い切った価格を設定してくれてます

更に良いお話の発表が当日取材に来ていた
タトゥートライバルの次号(12月21日発売?)に
掲載されますよ~

貴重な初摺を入手できるチャンスに
一刻も早く秘密情報を知りたいってぇ
せっかちで初物好きな江戸っ子は
僕に連絡してみてね

こっそり教えてあげるかも^^

アダチ版画研究所
東京都新宿区下落合 3-13-17
電話 03-3951-2681


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-11-22 21:03 | 展覧会



おもに本棚たまにはべつな

刺青|賽天
www.psyten.com

東京刺青彫房
東京都文京区向丘
tel. 03-5815-8818
■地下鉄千代田線
 根津駅より徒歩10分
■地下鉄南北線
 東大前駅より徒歩5分
■地下鉄三田線
 白山駅より徒歩10分
■上野駅、西日暮里駅
 日暮里駅、御徒町駅
 駒込駅よりタクシー10分

札幌刺青彫房
北海道札幌市中央区
tel. 011-802-9319
■JR札幌駅より徒歩15分
■地下鉄東西線
 西11丁目駅徒歩10分 ■JR学園都市線
 桑園駅より徒歩12分

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
本棚
展覧会
刺青の題材
刺青の周辺にあるもの
駄文
ウェブサイト更新
まとめ
社寺巡礼
ハンバーガー
蕎麦
お弁当
しほり
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ
お気に入りブログ
俺の道 ーKAMINAR...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Top