<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
そば処「きそば」 - 東京都北区王子
前の記事からの続きで・・・・・・・・

c0162826_1792739.jpg
この日は十数年来のトモダチと久しぶりの再会^^

お互いの近況を報告しがてら
カップ酒片手にぶらぶらぶらりんこ

体調は大丈夫かな?
もうすぐ手術だね

ちょいと小腹が空いてきた

さっき通ったポスターが気になる

c0162826_1795553.jpg
なんてったってここは王子ですから

本筋では「きつね」ですけど
写真のフレーミングでもお分かりの通り
僕の視線は「ゲソ天そば」に釘付け!

武蔵の某お兄ィさんのブログで
ベッタリと脳ミソにへばりついた
キーワード

「ゲソ天そば」

なかなか出会う機会がなく
まさに千載一遇のチャンス!

c0162826_17101818.jpg
お店は明治通り沿いの
国鉄のガード下の立ち食い店

そば処「きそば」さん

ところが僕の悪い癖

c0162826_17104688.jpg
ついつい春菊とちくわも追加^^

カフェテリアスタイルの
さぬき屋さんなんかでは
これでもかというくらい
乗っけてしまう無粋者(汗

憧れのホンモノとは
もちろん大きく違うだろうけど
美味しくいただいたその後は

c0162826_1714487.jpg
もちろんお稲荷さんに詣でます

c0162826_17151318.jpg
ここは時空間を錯覚させますね

c0162826_17153588.jpg
そして彫り物スポット
「名主の滝」へもちょいと寄り道

しかぁし・・・・・・・・

時節柄節電中で滝はナシ^^

かの「名主の滝」も
電動だってぇのが
あからさまになっちまうと
どうも・・・・・・・・ね


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-29 17:21 | 蕎麦
おもちゃ絵の世界 ~見る・作る・遊ぶ・学ぶ~ - 飛鳥山「紙の博物館」東京都北区王子
c0162826_16282928.jpg
母さん

あれはまだ東京に
桜が咲いている頃のことでしたね

c0162826_1629375.jpg
あの日も飛鳥山には
徳川八代将軍吉宗の植えた桜が
満開でした

c0162826_16292633.jpg
飛鳥山3つの博物館のひとつ
紙の博物館で開催されていた企画展

おもちゃ絵の世界 ~見る・作る・遊ぶ・学ぶ~

をお花見がてら観覧してきました


ここ紙の博物館はこの地の名を冠した
王子製紙の設立した博物館で
紙の歴史や製法などを
様々な展示や体験を通じて
楽しく知る事が出来る所です^^

今回の「おもちゃ絵の世界」展では
主に江戸から明治期の
子供向けの実用の浮世絵版画を
展示しています

僕が訪れたのは前期日程でしたが
現在は後期の開催に切り替わってます

開催は5月29日まで

桜はもう散ってしまってますが
春の爽やかな風の感じられる
自然豊かな王子には
たくさんの名所もありますから
これを機に遊びに行ってみたら
いかがですかぃ?

この日には王子の他の名所にも
少しばかり寄り道をしたので
次の記事でまた紹介しますね

紙の博物館
東京都北区王子1-1-3
電話 03-3916-2320


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-28 16:33 | 展覧会
名古屋では
c0162826_13322024.jpg
毎度の事ながら、
彫ぎんを筆頭に
イロンナ方にお世話になりました^^

c0162826_13325382.jpg
時間がなくって
滞在中のブログは
全くアップできず・・・・・・・・

c0162826_13332722.jpg
時間がなくって
会いたい方々にも
ほとんど会えず・・・・・・・・

c0162826_13343071.jpg
連絡できなかった方

ごめんなさいな

c0162826_1337194.jpg
次回の訪名は7月の予定です

今回お会いできなかった方々

その際にはまた遊んでね

c0162826_13372598.jpg
今回は彫ぎんのスタジオに缶詰で

ちっとも遊べなかったからさ(笑

c0162826_13374665.jpg
そうそう、名古屋から戻ってから

個展の案内が届きました~

日本のロウブロウアート界の雄ジェリービーンさん
スケッチによるアベック展

c0162826_1359212.jpg
「MONSTERS SHOWCASE ~となりのモンスター展~」

来る5月3日から15日の日程で開催します!

Rockin'Jelly Beanフリークなあなたも

Sketchフリークのあなたも

Lowbrowアートマニアなあなたも

嵐の大野智さんファンのあなたも?

是非足を運んでくださいな

会場は

渋谷 SUNDAY ISSUE
東京都渋谷区渋谷 1-17-1 美竹野村ビル2F
電話 03-3797-1288

詳細は特設ウェブサイトでご確認ください


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-24 14:12 | 展覧会
疾走
c0162826_21514138.jpg
思ったより寒いな

c0162826_21515886.jpg
疾走されちゃってるから
写真が流れちゃって・・・・・・・

c0162826_21523192.jpg
到着したのはここ

c0162826_21525437.jpg
一服したら

c0162826_21532382.jpg
お仕事です^^


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-16 21:54 | 駄文
幕末浮世絵界の奇才・歌川国芳没後150年展[後期] - 砂子の里資料館・神奈川県川崎市
c0162826_2111477.jpg
先月に前期日程開催も訪れた
川崎市の砂子の里資料館で行われている
「幕末浮世絵界の奇才
歌川国芳没後150年展」
前期訪問時の記事

c0162826_2121987.jpg
現在後期日程が開催されてます

さて今回は

幼時の鬼若丸から牛若丸との五条の橋
最期の瞬間仁王立ちまで刺青でも人気の人物
武蔵房弁慶の一代記になぞらえた美人画
「縞揃女弁慶」全10点から始まり

「准源氏教訓図会」や「賢女八景」など
出品作品の半数近くが美人画となり
国芳の画業の幅の広さと
後に門下の水野年方、鏑木清方
伊東深水などに続く予感を示しつつも

目玉となるのは「本邦初公開」と謳う
大短冊横三枚続「源頼朝富士巻狩之図」

他にも国芳真骨頂の武者絵は
しっかりと楽しませてくれました

刺青師的には天保の改革で
取締りの厳しくなった故の新境地
子供絵から「子供遊金生水之堀抜」

画中16人の鳶装束の子供たちの内
実に6人の身体に額彫りの見事な
彫り物が施されてます^^

あの国芳の描く所ですから
当時の仕事師さんには
この位の比率で彫り物がついてたのかな
なんて想像するのも面白いですね

開催は今月23日の土曜日まで

国芳好きのそこのあなた!
うっかり見逃す事の無いように

砂子の里資料館
神奈川県川崎市砂子1-4-10
電話 044-222-0310


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-15 21:05 | 展覧会
歌川国芳 - 没後150年
今年は記念すべき?なんて
言ったらちょっとヘンだけど
我らが心の父、歌川国芳の
没後150周年の節目の年

そして本日でその丁度150年!

当時の暦で文久元年3月5日

この日付を西暦に直すと
1861年4月14日です

生誕は寛政9年11月15日
(西暦1798年1月1日)

数え65歳で後に
「鉄火の」とか
「修羅の」とか
「反骨の」とか
「武者絵の」とか
称される国芳は
この世を去りました

そしてその生き方と時代は
歩調を合わせるように
「江戸」という時代も
終焉を迎えることになります

「粋」「鯔背」「勇み」「伝法」
そんな「侠」たちの生きた時代

時代の様々な風俗や風習の中

国芳が錦絵とともに世に産み落とした
象徴的な事象のひとつが「彫り物」

僕は「国芳そのもの」が
「彫り物」なのではないかと
感じています

社会構造から個々の人生観までが
ガラリと回転した今の時代にその本質が
どこまで残されているのかはわかりませんが
今年は没後150年に合わせた企画が目白押し

「国芳」を感じるには事欠かない年なので
「彫り物」の本質を改めて強く感じ取り
僕にとっても人生の節目になる
そんな一年にしたいもんです


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-14 13:35 | 駄文
チキンペッカー再訪 - 北海道札幌市厚別区
c0162826_21272583.jpg
約1年ぶりのチキンペッカーさん
(1年前の記事はこちら

晴れ渡った青空が似合います

c0162826_21275215.jpg
こちらは1階のご注文カウンター

c0162826_2128651.jpg
そして2階のイートインフロア

窓が大きく開口しているので
お天気の良い日には
とっても気持ちよく
食事ができますね♪

c0162826_21282217.jpg
まずは看板メニューの
ペッカーズバーガー!

相変わらずサッパリしていて
とっても美味しいです^^

c0162826_21283834.jpg
そして今回フィーチャリングするのは
若鶏の炭火焼き!

十勝は中札内村の若鶏の半身を
北海道産の炭でじっくりと焼いてます

作り置きもありますが
30分ほど待つ事が出来れば
焼きたてが味わえるので
この時間分の余裕を持って
出かけましょう(笑

チキンペッカー
北海道札幌市厚別区厚別中央2条4丁目11-39
電話 011-894-2989


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-13 21:30 | ハンバーガー
しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館(その三) - 北海道白老郡白老町
c0162826_18205127.jpg
震災から今日で一ヶ月

未だ強い地震が続いており
不自由な生活環境の中
地震、津波、原発事故と
被災された方々にとっては
とても長い一ヶ月だった事でしょう

福島第一原発の一刻も早い安定化と
被災地の方々の生活の安寧を
改めて心から祈りつつ
紙一重の差で被災を免れた僕らの
今後長期的にしなくてはならない事を
ひとつひとつ丁寧に
考えていきたいと思います

--------------------------------------------

さて今回はその一と題した前々回の記事
そのニと題した前回の記事からの続きです

しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館の最終回は
アイヌ民族博物館レポート

c0162826_18212274.jpg
想像以上にしっかりとした展示にビックリ

こういう所はお役所や研究機関の
資料展示的な色合いが多いんですが
楽しんで観覧できる工夫が凝らされてます

そして僕ら「古研」の活動は
正式名称の「古代にみる身体装飾から
人間の権利を研究する会」が表す通り
古代の身体装飾が一つの重要な研究対象です

c0162826_18215031.jpg
写真ではわかりにくいですが
この女性はピアスと刺青を纏っています

c0162826_18222092.jpg
これらがそのピアスの現物の展示

c0162826_18233594.jpg
そしてこちらが展示してあった
刺青に関する解説

アイヌの女性達は
成人の美的象徴として
10歳前後から17,8歳までの期間をかけて
刺青を施しました

この風習は美的意味合いだけでなく
イオマンテなどにも表されるような
彼らの死生観にも影響され
大きな役割を持っていたようです

ここの施設は運営の殆どを
アイヌの血を引く方々がやられているので
色々と貴重で興味深いお話が聴けます

千歳空港から1時間くらいで来れるので
道外の方も北海道に来た際には
寄ってみると面白いですよ^^

全体を観て周って講話や踊り
演奏などをゆっくり楽しむには
3時間くらいをみておいたら
良いと思います

しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館
北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号
電話 0144-82-3914


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-11 18:26 | 展覧会
しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館(その二) - 北海道白老郡白老町
c0162826_19263136.jpg
昨夜の地震、みんな大丈夫だった?

その一と銘打った前の記事からの続きです

c0162826_1927121.jpg
ここポロトコタンで
当時の建築様式で再現された
チセ(家)の中では

c0162826_19274542.jpg
アイヌ伝統の手工芸などが
実演されいたり

c0162826_1928620.jpg
様々なお話を聴くことができたり

c0162826_19285715.jpg
古式舞踊や楽器の演奏などを
楽しむ事ができます

アイヌの方から聴くお話は
とても親しみやすいもので
質問なんかにも答えてくれます

c0162826_19292354.jpg
これはチセに飾ってあった絵

アイヌ伝統のトンコリという
弦楽器を弾く女性の肖像です

口の周囲と手に刺青が施されてますね

湖から数棟のチセを見学し
講話や舞踊などを楽しんで
ここまで1時間くらいあったら
良いくらいの量かな

残るはアイヌ民族博物館の観覧です

その模様は「その三」に続きま~す

しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館
北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号
電話 0144-82-3914


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-08 19:32 | 展覧会
しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館(その一) - 北海道白老郡白老町
c0162826_2041078.jpg
札幌から南へ100キロ弱くらいかな?
高速道路を使って空港のある千歳を経由し
港町苫小牧を過ぎて温泉街登別の手前
ブランド牛「白老牛」で有名?な町

c0162826_2042694.jpg
インターチェンジを降りると数分で
巨大なコンタンコロクル(村長さん)がお出迎え

c0162826_2045768.jpg
足元のトモタンコロクル(お父さん)と比べると
その大きさがわかるかな?

c0162826_2051557.jpg
ソフトバンコロクル(お父さん)や

c0162826_2053327.jpg
ヒグマンコロクル(しつこいね)もお出迎え^^

c0162826_2055144.jpg
ここは広い敷地にアイヌの集落が再現されてます

ポロトコタンとはアイヌ語で

「ポロ」(大きい)
「ト」(湖や沼)
「コタン」(村)

の意で

大きな湖の畔の村

c0162826_2061244.jpg
これがその湖ですが
この時(先月の地震の数日前)には
まだ湖面は凍って雪に覆われてました

写真が多いので一旦ここで区切って
「そのニ」に続きます

しらおいポロトコタン・アイヌ民族博物館
北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号
電話 0144-82-3914


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-04-06 20:07 | 展覧会



おもに本棚たまにはべつな

刺青|賽天
www.psyten.com

東京刺青彫房
東京都文京区向丘
tel. 03-5815-8818
■地下鉄千代田線
 根津駅より徒歩10分
■地下鉄南北線
 東大前駅より徒歩5分
■地下鉄三田線
 白山駅より徒歩10分
■上野駅、西日暮里駅
 日暮里駅、御徒町駅
 駒込駅よりタクシー10分

札幌刺青彫房
北海道札幌市中央区
tel. 011-802-9319
■JR札幌駅より徒歩15分
■地下鉄東西線
 西11丁目駅徒歩10分 ■JR学園都市線
 桑園駅より徒歩12分

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
本棚
展覧会
刺青の題材
刺青の周辺にあるもの
駄文
ウェブサイト更新
まとめ
社寺巡礼
ハンバーガー
蕎麦
お弁当
しほり
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ
お気に入りブログ
俺の道 ーKAMINAR...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Top