<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
太平記英雄伝と太閤記 - 歌川国芳
前回の記事での豊洲の平木浮世絵美術館で開催した
「国芳描く戦国の武将~太平記英勇伝」展

これは 記事中でも触れましたが
嘉永元年(西暦1848年)頃に
刊行された50図の揃物

ホントはもっとあったんじゅないかとも
言われてますけどね^^

すべての作品に柳下種員の手による
略伝が付されています

タイトルの「太平記」は見立てで
実際には「“太閤記”英雄伝」を
描いています

さてここで簡単に両者の違いを

「太平記」とは南北朝時代を
舞台にした軍記物語

鎌倉時代文保2年(西暦1318年)の
後醍醐天皇の即位から倒幕運動
南北朝時代を経て室町時代初期までの
全40巻の物語で作者は不詳

対して「太閤記」とは
いくつかあった豊臣秀吉に関する伝記を
江戸時代に小瀬甫庵によってまとめられた
全20(22)巻の物語

徳川幕府としては自分たちの滅ぼした
豊臣氏らを英雄として扱うのは
宜しくないって事だろうって事で
「太閤記英雄伝」を「太平記英雄伝」
ってタイトルで発行する
見立ての手法が取られてます

んで、今回は
この「太平記(太閤記)英雄伝」
に関連する書籍について

まずは画集だね

ん~~~、第一はこれかな?


ハードカバーの大判画集

一点一点じっくりと楽しめる
コレクターズアイテム

そして僕が普段実用として
資料用に使用するのはこれ

101 GREAT SAMURAI PRINTS
Utagawa Kuniyoshi
Dover Publications

実物の半分くらいのサイズの図版で
気軽にめくれるペーパーバック

前半が「太平記英勇伝」で
後半には「誠忠義士伝」を収録

武者絵のポーズの参考にも
大いに重宝するお得な一冊

価格もメチャ安なので2、3冊
買っておいても損はなし!

どちらも洋書で当ブログでも
一昨年くらいに既に紹介済みですが
とってもオススメです

ただしテキストが英語なのはご愛嬌^^

そして登場するのは今回の
「国芳描く戦国の武将~太平記英勇伝」展図録

c0162826_1937569.jpg
サイズはさすが小さな美術館の発行
なんとB6版です

ここのはいつもちっちゃいよね~

でも印刷が綺麗なので十分に鑑賞できます

しかも各図版に人物解説がつき
画中の柳下種員による略伝が
全50図ともに活字化されてます

平木浮世絵美術館で通信販売も可能なので
興味ある方は自身で確認してくださいな

最後にこの素晴らしい登場人物たちの
魅力を更にお伝えする為にも
もう一つオススメしときましょうかね?




太閤記の入門用としては
とっても気軽に楽しめる良書

寝酒のお供にでもどうぞ!

画中の人物たちが
活き活きと蘇りますよ♪

刺青|賽天 - www.psyten.com




[PR]
by psyten | 2011-02-25 19:47 | 本棚
国芳描く戦国の武将「太平記英勇伝」 - 平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO
c0162826_1983866.jpg
もうお馴染みのららぽーと豊洲
年に1、2度は訪れてます

そして重ねてお馴染み

c0162826_199865.jpg
平木浮世絵美術館

ららぽーと豊洲内にある美術館

今回のお目当ては
国芳描く戦国の武将「太平記英勇伝」

歌川国芳渾身の50枚続きのシリーズです

皆さんもご存知のように
シリーズタイトルに「太平記」とつきますが
所謂「太平記」とは何の関係もございません

ですからその舞台は南北朝時代ではありませんし
後醍醐天皇も足利尊氏も楠木正成も新田義貞も
一切登場いたしません^^

忠臣蔵モノなどと同じで
幕府の禁制に対抗する為の
この時代を象徴する手法の一つ
そうそう「見立て」ってやつですね

この「見立て」や「やつし」を
ある程度理解していないと
近世の文学や錦絵、芸能なんかを
理解するのはチト難しいかな?

でもこの国芳「太平記英勇伝」は
実際に作品を観たら一目瞭然

画題では「織田総介平信長」となっている
「織田信長」からはじまり
画題「中浦猿吉郎久吉」となっている
「豊臣秀吉」で終了する作品

とくれば?

ハーイ!そうです
「太閤記」

底本は寛政9年(西暦1797年)から
武内確斎作、岡田玉山画で
刊行された「絵本太閤記」

国芳「太平記英勇伝」はその約半世紀後
嘉永元年(西暦1848年)頃に刊行されました

ちなみに「絵本太閤記」は刊行後数年で発禁になり
安政6年(西暦1859年)に再版が許されました

「太閤記」というと時代と構成は
その名の通り「太閤秀吉」の立身出世話
寛永3年(西暦1626年)に小瀬甫庵作で刊行されて以来
一大ブームを巻き起こしました

現代でも非常に興味深く楽しめる
時代や登場人物たち

絵画的にも「武者絵の」
との呼び声高い歌川国芳の本領を
余す所なく発揮した傑作です

みんなにも是非観に行って!と
言いたい所なんだけど・・・・・・・・

会期が2月27日までなんです(汗
終了間近の記事でゴメンネ~

平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO
東京都江東区豊洲2-4-9
アーバンドック ららぽーと豊洲
ISLANDS 1F
電話 03-6910-1290


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-23 19:19 | 展覧会
鬼女図大絵馬・柴田是真 - 王子稲荷神社
c0162826_22233519.jpg
昨日の記事に続いて王子稲荷の二の午

もう一つの目的は当神社所蔵のお宝のご開帳

c0162826_22235229.jpg
ハイその1点目は「鬼女図」の扁額
柴田是真の羅生門「茨木」を描いた
肉筆の大絵馬です

これは是真の出世作と言われ
天保11年2月初午
江戸住吉の砂糖商人組合が
天保の改革を行った幕府に対し
商権の復権の願をかけて
奉納したとも伝わります

源頼光四天王の一個渡辺綱に
羅生門で腕を斬られた茨木が
綱の伯母に化けて
まんまと腕を取り返すと言う話に
あやかったとか・・・・・・・・

面白いですね^^

さて、もう1点はかつての拝殿の天井絵

c0162826_22241231.jpg
谷文晁の「竜図」です

あ、是真と言えば・・・・・・・・

現在、愛知県の豊田市美術館で
「柴田是真 ―伝統から創造へ―」
という特別展が開催されてます

会期は2月19日(土)~4月3日(日)

僕は行けそうもありませんが(涙
お近くの人は是非行ってみてくださいな

ここ豊田市美術館のサイト
結構良い感じです

是真の特別展のページも
上手に作られていて
是真の魅力の一端が感じられますよ

豊田市美術館
愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
電話 0565-34-6610


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-21 22:31 | 展覧会
王子稲荷神社/二の午・凧市 - 東京都北区王子
c0162826_209587.jpg
お天気はイマイチだったけど
今日は二の午

朝一で王子稲荷神社へ参詣

c0162826_2092583.jpg
早い時間から賑わってます

c0162826_2095051.jpg
王子稲荷の奴凧は「火伏せの凧」として有名

c0162826_20101371.jpg
人々は風で延焼する火事を恐れ
「火事が隣で居成り(稲荷)」だなんて言って
「風を切る」凧に火事除けの縁起を担いだんですね

c0162826_20104046.jpg
神楽殿では狐神楽も

今回王子稲荷神社へ訪れたのには
もう一つのお目当てがありました

続きは次回へ

王子稲荷神社
東京都北区岸町1丁目12−26
電話 03-3907-3032


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-20 20:12 | 社寺巡礼
好色五人女・河出文庫 - 井原西鶴
c0162826_20292986.jpg
前々回の記事の文京ふるさと歴史館での
「子どもの遊びと学び-おもちゃ絵を楽しむ」展で観た
組上絵の「八百屋お七」から
前回の記事の圓乗寺お七の墓参りと続き
今回はお七についてもう少し

件の組上絵は歌舞伎の
「松竹梅湯島掛額」からの取材ですが
八百屋お七のお話で王道と言えば
井原西鶴の「好色五人女」でしょうか

これは
巻一「姿姫路清十郎物語」
巻二「情を入れし樽屋物語」
巻三「中段に見る暦屋物語」
巻四「恋草からげし八百屋物語」
巻五「恋の山源五兵衛物語」
の五編からなる短編集

この内の巻四「恋草からげし八百屋物語」が
八百屋お七の物語です

史伝や諸説では複雑で不明瞭な
登場人物たちの性格や関係は
すっきりと整理され
うら若き乙女の
悲しい恋の物語となっています


本書は「好色五人女」の他に
年老いた遊女の生涯を聞く「好色一代女」と
西鶴晩年の傑作との誉れ高い「西鶴置土産」を
収録してます

前記事のコメでも指摘された「丙午」に対する
ちょいと過剰とも思える世間の人々の反応や
「好色五人女」では一人に集約されて?登場しない
(名前としては登場するんだけど、説明がメンドイのよ)
やくざ者吉三郎との関係など
まさに両極端の性格を伝えらるお七さん

派生した作品の多さなども彼女の魅力を
証明しているのかも知れません

こういったミステリアスな部分を空想するのも
伝奇伝説物語を読む面白さですね


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-17 20:30 | 本棚
八百屋お七・圓乗寺 - 東京都文京区白山
c0162826_17211317.jpg
さてさて、昨日の記事の続きで文京ふるさと歴史館で開催中の
「子どもの遊びと学び-おもちゃ絵を楽しむ」訪問記

c0162826_17214140.jpg
写真をいっぱい撮って来たんで掲載しながら感想や解説を
と思ってたんだけど

これからご覧に行かれる方々のお楽しみの為にも
開催している文京ふるさと歴史館さんのご苦労の為にも
あんまり細かなレポートは良くありません^^

だから、って訳でもないんですが
お天気もとっても良い事ですし
またまたブラリとしてめぇりやした

c0162826_1722415.jpg
ハイハイ、こちらは圓乗寺さん

僕の東京の彫り場からは歩いて10分弱の距離

正式には「天台宗 南縁山 正徳院 圓乗寺 」

天正九年(西暦1581年)開山という由緒あるお寺さん

なんでいきなり圓乗寺さんかってぇと

c0162826_17223462.jpg
ここには昨日の記事の組上絵の題材のモデルになった
「八百屋お七」さんのお墓があるんです

お七さんという人は
駒込片町の大きな八百屋の娘で
天和2年12月の所謂天和の大火の折
菩提寺であるここ圓乗寺に避難

その時にこのお寺の小姓佐兵衛(吉三郎とも)と
恋仲になり、この佐兵衛に再び逢いたくて
また火事があれば逢えるだろうとつけ火をし
天和3年3月火あぶりの刑に処されました

この時お七は数え16歳

後に悲劇の少女とも大悪女とも言われます

500年ほど前のお話で異説が色々とあり
今となっては真実はわかりませんが
空想や議論を誘われる女性の一人ですね

天台宗 南縁山 正徳院 圓乗寺
東京都文京区白山1-34-6
電話 03-3812-7865


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-16 17:29 | 社寺巡礼
子どもの遊びと学び-おもちゃ絵を楽しむ - 文京ふるさと歴史館
c0162826_18442515.jpg
いや~~~、昨夜は降ったね

写真だけ見たら自分が
東京にいんのか札幌にいんのか
わかんないな

と、打って変わって

c0162826_18444615.jpg
今日は良いお天気

近所で楽しい企画をやっていて
そこいらじゅうにポスターが貼ってあるから
合い間を見つけてちゃっちゃと
観に行ってきました~

c0162826_18451036.jpg
ハイハイ、わりかしお馴染み
文京ふるさと歴史館さん

本郷三丁目の信号から後楽園方面に
ちょいと下った右手です

先だっての事故の事には
触れずにおきますが
不幸にして亡くなられた方の
ご冥福をお祈りいたします

c0162826_18452990.jpg
さぁて、1階2階の常設展示は
相変わらず楽しさ満点

今回は駒込やっちゃばの
鮨屋の屋台だべらんめぇ

んなこたぁどおでも良かったね^^

さぁて目的の
「子どもの遊びと学び-おもちゃ絵を楽しむ」
でぇございますってぇが

タイトルでもお察しの通り
子供向けのお楽しみの玩具や
教育用に作られた版画錦絵でござい

c0162826_18455634.jpg
なんて言って、いきなし登場すんのは
「松竹梅湯島掛額」より「八百屋お七」の組上絵だ

このお話、ざざっと言ったら
お七ってぇ娘が好いた男への逢いたさに
火付けをしたかどで
鈴ヶ森の刑場で火あぶりになった
ってぇ筋書きだぁ

これがいってぇどおいう次第で
子供向け玩具になってんのかは
わかりませんが

c0162826_1848143.jpg
こおいった4枚の紙から
パーツを切り取って組上げるんですね

c0162826_18484231.jpg
主要な部品はこんな感じ

c0162826_18491060.jpg
菊五郎さんの部分です

c0162826_18493789.jpg
完成したご勇姿がこちら^^

c0162826_1850115.jpg
んで、こっちは「八犬伝」から
「芳流閣」の名場面!

おっとと、組上絵二点で
写真が一杯になっちゃったんで
続きはまた次回に・・・・・・・・

会期の方は3月21日(月・祝)まで
お一人さま金壱百圓の木戸銭と相成ります

中学生以下は無料だよ
65歳以上もね^^

文京ふるさと歴史館
東京都文京区本郷4-9-29
電話 03-3818-7221


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-15 18:51 | 展覧会
ホームページ更新しました
c0162826_20535289.jpg
ウェブサイト更新しました→こちら

4月に名古屋の彫ぎんチャンのタトゥースタジオSWORD OF REBELで仕事をします

名古屋の皆々様、毎度お世話になりますがヨロシクね^^

その頃には暖かい陽気だな

桜でも観に行きたいけど誰か一緒に行きませんか~?

なんて、タイミング的に咲いてるかわかんないね

ホームページは他にも細かな案内などを更新してます


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-14 20:57 | ウェブサイト更新
鬼子母神
昨日お電話をいただいて
明日の日曜日(今日の事ね)
わざわざ大阪から打ち合わせに

との事

せっかく新幹線に乗って
遠方からお越しいただくので
限られた打ち合わせの時間を
少しでも有意義なものに出来れば

と、夜なべしてラフ画を
描いてみました(汗

しかし
時間になっても
電話もないし

来ない・・・・・・・・のね

c0162826_22205357.jpg
残念ではありますが
こういう時にこそ
己の不足を省みよう

反省~その壱

「男のクセに愚痴はみっともない!」(笑

そんな一日


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-13 22:36 | 駄文
日本の美/ガレ・ガラスコレクション - 北海道立近代美術館
c0162826_21182465.jpg
前の記事で書いた北海道立近代美術館で開催中の
特別展「浮世絵細見~いきな女の江戸ぐらし」

北海道立近代美術館は通常館内に入って
右手が特別展の会場になっており
左手には「これくしょん・ぎゃらりい」という
二階建ての常設展の展示室があります

c0162826_21184263.jpg
この常設展展示室では
現在2月5日から4月10日までの日程で
展示室一階では「日本の美 - 屏風・掛軸・絵巻の世界」
展示室二階では「ガレ・ガラスコレクション
- エミール・ガレとナンシー派」を開催中

展示室1階「日本の美」の方は近代日本画の中でも
明治以降に開国とともに普及した額装をせず
我が国の伝統的な手法である屏風や軸
絵巻などに仕立てられた絵画を取り上げています

岩橋英遠、蠣崎波響、片岡球子、小坂芝田
結城素明、山口蓬春、小茂田青樹、松林桂月
大智勝観、堂本印象、谷文晁、高木保之助
遠藤教三、吉田秋光、北上聖牛、山口蓬春
竹内栖鳳、横山大観、下村観山、筆谷等観
松岡映丘、寺崎広業、北上聖牛、森田沙伊
(敬称略)らの作品が一堂に観られます

そして展示室二階ではお馴染み?
アール・ヌーヴォーの巨匠
エミール・ガレと彼の工房と
フランスロレーヌ地方ナンシーで
ガレを会長として結成された
芸術家集団ナンシー派の
作品群が観られます

ここ北海道立近代美術館には
充実したアール・ヌーヴォーの
ガラスコレクションがあるんですが
こうやって展示して観られるのは
一年に一回程度です

北海道立近代美術館では
特別展と常設展との
パッケージチケットがあり
特別展一般観覧料800円と
常設展一般観覧料500円とを
同日に観覧すると共通券として
1000円で観覧が可能^^

とってもオススメの展覧会なので
この機会に是非是非足を運んでみてね~

あ、特別展「浮世絵細見」の方は
3月13日までなのでご注意を!

北海道立近代美術館
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
電話 011-612-7000


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2011-02-11 21:40 | 展覧会



おもに本棚たまにはべつな

刺青|賽天
www.psyten.com

東京刺青彫房
東京都文京区向丘
tel. 03-5815-8818
■地下鉄千代田線
 根津駅より徒歩10分
■地下鉄南北線
 東大前駅より徒歩5分
■地下鉄三田線
 白山駅より徒歩10分
■上野駅、西日暮里駅
 日暮里駅、御徒町駅
 駒込駅よりタクシー10分

札幌刺青彫房
北海道札幌市中央区
tel. 011-802-9319
■JR札幌駅より徒歩15分
■地下鉄東西線
 西11丁目駅徒歩10分 ■JR学園都市線
 桑園駅より徒歩12分

カテゴリ
本棚
展覧会
刺青の題材
刺青の周辺にあるもの
駄文
ウェブサイト更新
まとめ
社寺巡礼
ハンバーガー
蕎麦
お弁当
しほり
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ
お気に入りブログ
俺の道 ーKAMINAR...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Top