「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
凧博コレクション・江戸凧 [橋本禎造の世界] - 茂出木雅章監修
c0162826_13273191.jpg
浅草は金龍山浅草寺の羽子板市の記事から
日本橋はたいめいけんの凧の博物館の記事へと
すっかり凧づいておりますが
もういくつ寝るとお正月、てぇ事で
いま暫く凧ネタにお付き合い願います^^

今回紹介するのは日本橋の「凧の博物館」現館長で
洋食店たいめいけんの三代目茂出木雅章氏が
凧の博物館の設立10周年の節目を目前に
同館所蔵の橋本禎造さんの作品300点余りの内の
80余点を選出し昭和61年に出版された
江戸凧師故橋本禎造さんの作品の写真集

本書には「日本の凧の特徴と歴史」と題して
1000年の昔に中国大陸から伝わり
庶民の遊びから道楽に至る経緯から
江戸凧の分類と合わせて当時(江戸期)の風俗まで

「江戸凧師」と題して橋本禎造さんの紹介

「江戸凧の作り方」と題して江戸凧の作り方の説明

の3つの文章が凧に対する並々ならぬ愛情溢れる
「まえがき」と「あとがき」と共に収録されています

肝心の写真集の方はってぇと「江戸角凧」「江戸小凧」
「江戸形凧」「江戸奴凧」「干支凧」の5つに分類され
各図版骨も糸も付いた状態で80余点を掲載

ちょっいと中身を覗いてみますかぃ?

c0162826_13275443.jpg
左が「児雷也」

云わずと知れた「児雷也豪傑譚」に登場する盗賊

尾形周馬弘行扮する児雷也が蝦蟇の妖術を身につけ
蛞蝓の妖術を使う妻の綱手と共に宿敵大蛇丸と戦う物語

右は「鬼若丸」

ご存知源九郎義経の一の郎党
熊野の別当湛増が子
武蔵坊弁慶の幼名

どちらも彫り物(刺青)でも人気の題材です


残念ながら絶版となっており新品での流通はもうないのですが
上のアマゾンのリンクには当記事アップ時には若干ですが
マーケットプレイスにて古本での出品がありました

さぁて江戸凧のネタで本年を締め括り
来年は卯年ってぇ事も掛けまして
お付き合いいただきました皆々様が
ぴょんぴょんと勢いをつけて
ぱぁっと一気に上昇されます事を祈念しながら
本年一年の感謝をさしていただきます

どうも御ありがとうございました

来年もどうぞよろしくお引き立ての程
おねがいを申し上げます

皆さま良いお年をお迎えくださいませ

賽天 拝


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-30 14:39 | 本棚
凧の博物館/たいめいけん - 東京都中央区日本橋
c0162826_19375721.jpg
三井記念美術館の向かいにあるCOREDO日本橋の裏手
老舗洋食屋さんの「たいめいけん」さんの上にある
「凧の博物館」に行ってきました~

先日の浅草は浅草寺での羽子板市から
(その時の記事はこちらです)
どうしても引っ掛かってたんでね

c0162826_2011512.jpg
レトロなエレベーターに乗って
いざ5階へ^^

エレベーターを降りるとそこは

c0162826_203571.jpg
凧、凧、凧の凧ワールド

天井一杯まで凧で埋め尽くされてます

溢れかえる凧の洞窟に足を進めていくと
その先には・・・・・・・・

あれ?

・・・・・・・・どなたかが

c0162826_205660.jpg
橋本禎造さん!

しかもお仕事中

橋本禎造さんと言えば
明治37年にお生まれの
歌川派の流れを汲んだ
名人と呼ばれる凧絵師さん

しかし残念ながら平成3年に87歳で亡くなられ
最後の江戸手描き凧絵師と称されています

ではこの人物は?

c0162826_20163680.jpg
正面に廻ればお人形さん

ご活躍中のご勇姿は

c0162826_20174582.jpg
こちら

かっこいいー!

凧一筋に生きた男の姿です^^

ここは実際に使われていたお仕事道具などで
生前のお仕事場が再現されていて
製作途中の凧なんかもあって
非常に興味深い空間になってます

他にも館内には日本各地の凧はもちろん
世界各地の凧も展示されてます

でもやっぱり僕には橋本禎造さんの凧が
一番輝いて迫ってきます!

やっぱり実物は素晴らしい!

c0162826_20341167.jpg
大きなものは僕の背丈を軽く越えます

c0162826_20344184.jpg
いつまで観てても飽きる事がありません

義経八艘跳や金太郎の抱き鯉などなど
江戸の武者絵凧は彫り物とほぼ同一

職人としてのいき方も含め
学ぶ所がびっしりと詰まった博物館です

凧の博物館 - たいめいけん
東京都中央区日本橋1-12-10
電話 03-3275-2704


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-27 21:08 | 展覧会
Nick's(レストランニックス) - 埼玉県狭山市
c0162826_1745019.jpg
そんなに遅い時間じゃなかったんですが
すっかり日が短くなってますね

ちょっと不思議な佇まい

c0162826_17453281.jpg
埼玉県狭山市にあるNick'sさん

終戦と共にアメリカ軍に接収され
昭和33年に返還されるまで
ジョンソン基地の名で
米第5空軍の基地となっていた入間基地

そのジョンソン基地の将校クラブを
率いていた荒井一雄氏が
退職後の昭和35年に開業した
ステーキハウスです

c0162826_17464795.jpg
テーブルクロスが当時のアメリカらしいよね

c0162826_17472956.jpg
プレートに盛り付けられた姿も
またアメリカ

でっかいアメリカの
でっかいハンバーガー^^

でも、
でっかいと言えば
北海道だって負けちゃいません

手稲区は星置のMKYさんが
向こうを張ってイイ勝負をしてます
記事参照

ところでどうして狭山くんだりを
ウロチョロしてっかってぇと

c0162826_18161092.jpg
Sketch画伯んトコへ行ったんです

多くの方のご厚意やご尽力によって
ファッションデザイナー様なんていう
お偉そうな肩書きに舞い上がってましたが

ご在位中すっかり疎かになっていた
本業であるはずの画業に専念すべく
今年の春夏のコレクションをもって
デザイナー様稼業を廃業し

来年からの本格始動に向けて
鋭意製作中ということでの陣中見舞い^^

c0162826_18171113.jpg
さてさて如何相成ります事やら

引き続きご苦労やご迷惑をかけてたり
期待や応援をしてくれている方々の為にも

しっかりやらかしてやってくださいな~

あらあら、
ハンバーガーの記事のはずが・・・・・・・・(汗

Nick's(レストランニックス)
埼玉県狭山市入間川4-25-3
電話 04-2954-9595


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-23 18:47 | ハンバーガー
羽子板市 - 金龍山浅草寺/東京都台東区
c0162826_20314375.jpg
雷門

浅草の観音さん

羽子板市を覘きに行ってきました

c0162826_20322276.jpg
仲見世通り

結構な人出ですね^^

c0162826_20325511.jpg
参拝を済ませて

さぁ、お目当ての羽子板市

c0162826_20332610.jpg
楽しいですね~

今年はお目当てが・・・・・・・・もう一つ

羽子板屋さんに混じって出店している
凧屋さんをフィーチャー

ありました、ありました

c0162826_20522161.jpg
ここは飯田橋の林商店さん

葛飾北斎の画系にある江戸凧屋さんです

創業者は徳川ご直参の小塚嘉兵衛

絵が好きで葛飾北斎の孫弟子に当たる
菊川英山に師事し菊川栄山の名をもらい
頼まれれば襖絵などを描いていたそうである

ところがご一新で武士は皆失業(涙

それを機に凧絵で生計を立てるようになり
後に現在の飯田橋に菊川商店という
江戸凧問屋を開業

この小塚嘉兵衛のご子息卯十郎氏が
ご夫人の家に入って林姓となり
屋号も今の「林商店」に

それが今に続いてるってんですから素晴らしい^^

c0162826_2053443.jpg
江戸凧絵でも有名なかの「浪兎」
卯年卯の日生まれの林卯十郎氏が
描きはじめたそうなんですが・・・・・・・

来年はその卯年ですね

色々な事がピョ~ンと
兎みたいに跳ね上がって
良い世の中になり
嬉しくなってみんなが
ピョンピョン

なんて具合になる事を祈りましょ^^

金龍山浅草寺
東京都台東区浅草2-3-1
電話 03-3842-0181


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-22 21:08 | 社寺巡礼
ホームページ更新しました
c0162826_18155483.jpg
ウェブサイト更新しました→こちら

年明け1月後半に名古屋のタトゥースタジオSWORD OF REBELで仕事をします
名古屋の皆さんよろしくね^^

他にも画像や細かな案内などを更新しています



もうすっかり寒いですね

僕の周りでは風邪をひく人が多くなってます

暮れの忙しい時期ですが、皆さん無理や無茶しないで
どうかお身体を労わってやってくださいな


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-21 18:31 | ウェブサイト更新
<鈴木重三先生追悼>奇想の絵師・歌川国芳展(後期)
c0162826_1735877.jpg
私淑する歌川国芳の展覧会という事で
この展覧会は前期にも訪れました
(その時の記事はこちら

今回の展示で目立っていたのが
出展してある錦絵25点(目録による)の内
4点も出されていた源義経(牛若丸)の画

「本朝水滸伝豪勇八百人一個
北白川岩抛湛海 牛若丸」

「木曾街道六十九次之内 板鼻 御曹司牛若丸」

「源九郎義経 熊谷次郎直実」

「義経千本桜 源義経(坂東竹三郎)
しづか御前(坂東しうか) 源九郎狐(嵐璃珏)」

他にも「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」から「青面獣揚志」
「尾上梅壽一代噺 唐土姫(坂東しうか)
天竺冠者(尾上菊五郎) 新波右衛門(沢村宋十郎)」など

また「源氏雲浮世画合 薄雲 相馬良門」の
色版版木全5枚(裏表で全10色分ね)が
摺り上った錦絵と合わせて公開されていました

今回はせっかくの国芳展なので
鑑賞会も拝聴して参りました

館長の松井英男氏による全出展作品の解説が
1点1点丁寧に楽しく1時間半ほどでされ
惜しくもご逝去された鈴木重三先生のお話や
「源氏雲浮世画合」の版木入手の顛末

材料や改印などからの制作時期考証による
見立てや社会情勢なども含んだ読み解きの面白さなど
どうしても片寄りがちな僕の普段の鑑賞からは
見落としがちな楽しみ方を多く知らされ
とっても有意義な機会となりました

会期は今月25日まで

国芳好きや刺青愛好家の方で
都合のつく方は是非
足を運んでみてください

礫川浮世絵美術館
文京区小石川1-2-3 小石川春日ビル5F
電話 03-3812-7312


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-15 17:22 | 展覧会
札幌大学・埋蔵文化財展示室 - 北海道札幌市豊平区西岡
c0162826_18424246.jpg
「古代にみる身体装飾から人間の権利を研究する会(古研)」の活動報告

札幌大学の埋蔵文化財展示室に訪れました

今年の1月にリニューアルオープンしたとの事なので期待大です

c0162826_1843779.jpg
その場所は2号館の地下室

埋蔵文化財だけに・・・・・・・・ですかね?

公共の施設独特の雰囲気の中
学内の奥地へと進みます

c0162826_18432430.jpg
あったあった

埋蔵文化財展示室!

果たしてリニューアルの展示は?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱ地味

c0162826_18435871.jpg
地味~~~な展示を観ながらの
地味~~~~~な活動

でも奥が深いんです

研究員は随時募集してますから
物好きなそこのアナタ

ご一緒にどーですかぃ?

札幌大学
札幌市豊平区西岡3条7丁目3番1号
電話 011-852-1181


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-13 19:16 | 展覧会
一鶴 - 北海道札幌市中央区
c0162826_17535252.jpg
この春から決死のダイエットに励んでおり
蕎麦、ハンバーガー、ラーメンという
僕の三大間食を厳しく禁じてます(涙

因って、当「蕎麦ブログ」は
肝心の「蕎麦」を扱えないので

・・・・・・・・「ちゃんぽん」だす^^

ご覧の通り「ちゃんぽん 一鶴」さん

こんだけデカデカと「ちゃんぽん」と大書きしてるので
「ちゃんぽん」専門店!

かと思いきや、

ラーメンも、焼きそばも
親子丼も高菜ご飯も
はたまたライスカレーなんてのまで
なんだかゴチャゴチャと
とっ散らかったメニュー構成ですが

c0162826_180625.jpg
やっぱ「ちゃんぽん」でしょ

寒い季節にあったかくて
美味しいスープが
太い麺に絡み
具だくさん^^

変な場所にありますが
大変人気のお店であります

ジャストお昼時は避けた方が無難です

c0162826_1802756.jpg
はーい、完食!

ごっそさんでしたー^^

一鶴
北海道札幌市中央区南8条西23丁目1-21
電話 011-551-4132


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-11 18:15 | 蕎麦
プラン9・フロム・アウター・スペース - エド・ウッド
c0162826_17372843.jpg
EDWARD D. WOOD JR.
(エドワード・D・ウッド・ジュニア)

ホラー、クライム、ポルノetc.

どうしようもなくクダラないムービーを作り続け
ド貧乏から抜け出す事もなく
アタマの天辺からつま先まで
どっぷりと浸かったアルコールにより
54年の生涯を閉じたのが
1978年の今日12月10日だった


代表作といえばこれだな

新品送料込みで500円ってのが
また彼らしくって良いね^^

エド・ウッド [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)

どっちかってぇと
こっちのが有名か?

彼のファンである
ティム・バートンがメガホンをとり
ジョニー・デップ主演で
1994年に映画化された伝記的ムービー

一生ド貧乏ってのは
周囲に迷惑をかけっ放しで終わりかねんし
ちょいとばかし困った事だけど
モノ創りの端くれとしては
どっか憧れがあんのよね

こういうハチャメチャ人生も

ただ消費されるだけのモンを創り続ける事に
生涯を捧げるのはたまんないしね

あぁ~ぁ、来年の事を言うと鬼が笑うって言うけど
来年から自由気侭な暴走街道まっしぐら?

・・・・・・・・なんて

大人として生きるのは大変だから
たまにはこんな映画で息抜きを^^


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-10 18:43 | 本棚
さっぽろの遺跡・札幌市埋蔵文化財センター - 北海道札幌市中央区
c0162826_1740886.jpg
ここは明治期以降に発掘調査された
札幌市内の埋蔵文化財を研究する
札幌市の施設です

c0162826_17462544.jpg
外観も立派だけど中に入ってびっくり!

写真では伝わりにくいけどとっても広い空間です
しかもとっても暖かい

平日のお昼ですが利用者は一般の来館者は
僕たちのほか2名ほど

お一人はすっかりおくつろぎに・・・・・・・・^^

c0162826_17465724.jpg
そうです、この日も
「古代にみる身体装飾から人間の権利を研究する会(古研)」の活動

埋蔵文化財展示室を訪問です

c0162826_17471419.jpg
さほど広くはない展示室ですが
こちらもキレイに作られてます

c0162826_17473872.jpg
土器や石器が多い展示です

珍しいものはありませんが
中央図書館に隣接した立地なので
立ち寄りやすく
綺麗に整理されてますから
とても見やすいです

c0162826_17475428.jpg
ここの見物は当時の生活を再現したジオラマかな

でもそのジオラマは撮影不可だったんです(涙

この「古研」の活動自体が目茶目茶地味なので
記事の方も地味ですね^^

札幌市埋蔵文化財センター
札幌市中央区南22条西13丁目
電話 011-512-5430


刺青|賽天 - www.psyten.com


[PR]
by psyten | 2010-12-09 18:09 | 展覧会



おもに本棚たまにはべつな

刺青|賽天
www.psyten.com

東京刺青彫房
東京都文京区向丘
tel. 03-5815-8818
■地下鉄千代田線
 根津駅より徒歩10分
■地下鉄南北線
 東大前駅より徒歩5分
■地下鉄三田線
 白山駅より徒歩10分
■上野駅、西日暮里駅
 日暮里駅、御徒町駅
 駒込駅よりタクシー10分

札幌刺青彫房
北海道札幌市中央区
tel. 011-802-9319
■JR札幌駅より徒歩15分
■地下鉄東西線
 西11丁目駅徒歩10分 ■JR学園都市線
 桑園駅より徒歩12分

カテゴリ
本棚
展覧会
刺青の題材
刺青の周辺にあるもの
駄文
ウェブサイト更新
まとめ
社寺巡礼
ハンバーガー
蕎麦
お弁当
しほり
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
タグ
お気に入りブログ
俺の道 ーKAMINAR...
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Top